リサイクルできる家電製品(家電4品目)

家電リサイクル法では、「エアコン」「テレビ(ブラウン管、液晶、プラズマ)」「電気冷蔵庫・電気冷凍庫」「電気洗濯機・衣類乾燥機」の4品目をリサイクルの対象としています。
市では収集しません。

対象外の家電製品一例

天井設置型エアコンなど

例):天井設置型エアコン、その他欄間を送風口とするなど建物一体型のエアコン
処理方法:設置業者などにご相談下さい。

プロジェクションテレビなど

例):ディスプレイモニター(チュナー無し)、電源として一次電池又は蓄電池を使用する液晶式テレビ(車載用を含む)、浴室・キッチン用液晶式テレビ(建築物に組み込むことができるように設計されたもの)

処理方法:30センチメートル角以下のものは「不燃ごみ」、30センチメートル角以上のものは「粗大ごみ」に出してください。

パソコンディスプレイ

例):CRTディスプレイ、液晶ディスプレイ

処理方法:パソコンメーカーがリサイクルします。メーカーへ回収を依頼してください。

注意事項

事業所から出たものは、粗大ごみには出せません。
業務用専用機器は対象外です!
家電リサイクル法では、家庭用として製造・販売されているものだけが対象となります。業務用専用に製造され、一般家庭では使用されていない型式のものは含まれません。
(例えば、店舗・業務用エアコン、ビル空調システム、業務用冷凍冷蔵庫、コインランドリー用洗濯機、ドライクリーニング用機器など)
これらの処理については、設置業者などにご相談ください。

メーカーの回収・リサイクルの流れ

1.回収の申し込み

メーカーの受付窓口に回収の申し込みを行ないます。ディスプレイとパソコン本体のメーカーが異なる場合はそれぞれのメーカーに申込みが必要です。
(各メーカーの受付窓口はパソコン3R推進協会のホームページに一覧・リストが掲載されていますのでご確認ください。)
なお、メーカーが存在しない自作、倒産メーカー、事業撤退、個人輸入等のパソコンはパソコン3R推進協会にお申し込みください。

パソコン3R推進協会のホームページ(外部リンク)

平成15年10月以降に販売されるパソコンで「PCリサイクルマーク」がついているパソコンは製造したメーカーが無料で回収・リサイクルしています。
PCリサイクルマークがついていない製品(平成15年9月以前に販売されたパソコン等)は各メーカー所定の方法で回収・再資源化料金を支払う必要があります。

2.エコゆうパック伝票が送付されます

3.パソコンのこん包とエコゆうパック伝票の貼り付け

排出するパソコンをこん包し、送付された「エコゆうパック伝票」を見やすい場所に貼ります。
(こん包は段ボールやポリ袋などの簡易なこん包でかまいません。)

4.パソコンの持込または集荷

・郵便局に持ち込む場合
郵便局の小包窓口にお出しください。
・戸口集荷を希望する場合
エコゆうパック伝票に記載されている郵便局に連絡してください。郵便局が回収にご自宅に伺います。

5.郵便局がメーカーの再資源化施設に運搬

 家庭から回収したパソコンを郵便局が各メーカーの再資源化施設に運搬します。

6.メーカーの再資源化施設でリサイクル

郵便局が運搬したパソコンはメーカーの再資源化施設で解体され、資源として再利用されます。

その他のパソコン

自作、倒産メーカー製、事業撤退メーカー製、個人輸入パソコンの回収はパソコン3R推進協会が有償で回収・再資源化します。

一般社団法人パソコン3R推進協会
電話番号:03-5282-7685

一般社団法人パソコン3R推進協会のホームページ(外部リンク)

主なリサイクルできる家電製品(家電4品目)

  • 衣類乾燥機
  • ウインドータイプのエアコン
  • エアコン
  • 液晶テレビ
  • クーラー
  • 洗濯機・衣類乾燥機
  • テレビ(ブラウン管・液晶・プラズマ)
  • ブラウン管テレビ
  • プラズマテレビ
  • 保冷庫
  • 冷蔵庫(冷凍庫)
  • ワインクーラー

ページトップへ

リサイクルの種類


ゴミの分別早見表

あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行/ ※2011/09/更新

ページトップへ
Copyright (C) 名古屋市のごみの種類と出し方マニュアル  2013/1 All Rights Reserved.