集団資源回収

集団資源回収とは、子ども会や町内会、学区毎の団体が、回収日時・場所などを決めて資源を回収し、資源回収業者に引き取ってもらう回収活動です。

 家庭から出る新聞(折込チラシ)・雑誌・段ボール・古着などは地域の集団資源回収に出しましょう。

 集団資源回収を利用できない場合は、「リサイクルステーション」または「古紙リサイクルセンター」をご活用ください。

対象となるもの

新聞/雑誌/段ボール/古着(夏物)/など
【注意点】
1:本・ノート・カタログ・カレンダー・紙ファイル・コピー用紙・メモ用紙・封筒なども、「雑誌」として出せます。
2:家庭から出る新聞/雑誌/段ボール/古着(夏物)/などは地域の集団資源回収に出しましょう

回収方式

地域の集団資源回収は、次の2種類があります。

集団資源回収の回収方式
回収方式 運営 回収日 回収品目
一般の集団資源回収方式 子ども会、町内会などの地域住民団体 団体が決めた日 紙類、古着(夏物)、びん類、缶類など、団体が決めた品目
学区協議会方式 小学校区の単位で活動する団体 月1回以上 新聞(折込チラシ)、雑誌、段ボール、紙パック、古着(夏物)など

回収日・回収場所

回収日や回収場所などは実施団体により異なります。
実施団体の行う案内をご覧いただくか、地域の方にご確認ください。

一般の集団資源回収方式

回覧版、掲示板、チラシなどで案内しています。

学区協議会方式

新聞折り込みのチラシで案内しています。
現在、集団資源回収に出された新聞等を何者かが持ち去る事例が多発しています。このため、名古屋リサイクル協同組合「回収地域一覧」のページへのリンクは削除しました。資源物を持ち去る不審な車両を発見された方は、ナンバー等の情報をお知らせください。
回収日時については直接<名古屋リサイクル協同組合>にお尋ねください。
連絡先 名古屋リサイクル協同組合 電話番号:052-582-3990

出し方ルール

・大きいものは雑誌と一緒にしばって
・小さいものは紙袋に入れて
特殊加工された紙、感熱紙、シュレッダー古紙は除きます。封筒のビニールの窓はプラスチック製容器包装に出して下さい。
紙袋がない場合は雑誌の間に挟んできつめにしばっていただくか、大きめの封筒に入れてホッチキスなどでとめ、雑誌と一緒にしばってください。

参考ガイド

なごやの資源・ごみ分別ガイド(簡易版)PDF

ページトップへ

リサイクルの種類


ゴミの分別早見表

あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行/ ※2011/09/更新

ページトップへ
Copyright (C) 名古屋市のごみの種類と出し方マニュアル  2013/1 All Rights Reserved.