自己搬入

搬入方法

ごみを車両に積んだ状態で、ごみの発生する区の環境事業所に下記受付時間内にお越しください。手続きを行った後、当日午後3時40分までに(愛岐処分場は午後4時10分までに)、処理施設へご自分で運んでいただきます。

粗大ごみの出し方はこちらから

注意事項

処理施設に行く前に環境事業所で手続きを行わないと搬入が出来ませんのでご注意ください。

土曜日、日曜日は搬入が出来ませんのでご注意ください。

「可燃ごみ」、「不燃・粗大ごみ」を同時に運ぶことは出来ませんのでご注意ください。どちらか一方。

可燃ごみの搬入先
ごみの発生区 搬入先 住所 電話番号
千種・東・北・西
中・守山・名東
猪子石工場 千種区香流橋一丁目101番 052-771-3539
中村・昭和・瑞穂
熱田・中川・港
南陽工場 港区藤前二丁目101番地 052-303-0700
南・緑・天白 鳴海工場 緑区鳴海町字天白90番地 052-899-0388
不燃・粗大ごみの搬入先
搬入先 住所 電話番号
大江破砕工場 港区本星崎町字南4047番地の13 052-611-8313
愛岐処分場 岐阜県多治見市諏訪町字川西75番地 0572-23-1201

※不燃・粗大ごみは原則として大江破砕工場へ搬入していただきます。

破砕困難なもの、長大なもの(概ね180センチメートルを超えるもの)、燃えがらなどが含まれる場合は、愛岐処分場への搬入をお願いすることがあります。

くわしくは各区の環境事業所にお問い合わせください。

処理手数料

処理施設で計量を行い、10kgあたり200円の処分手数料を現金にてお支払いいただきます。

自己搬入時の注意事項

・ごみが飛散しないように平ボディ車の場合は必ずシートをかけてください。
・袋に入れて持ち込む場合は、中身の見える透明・半透明の袋を使用してください。
・「可燃ごみ」、「不燃・粗大ごみ」を同時に運ぶことは出来ません。どちらか一方。
・必ずごみ発生区の環境事業所で手続きを行ってください。
・徒歩や自転車での搬入は出来ません。
・下記の搬入禁止物は搬入出来ません。

搬入できないもの

・資源化可能なもの(紙類(新聞・雑誌・ダンボール・OA用紙など)、空きびん、空き缶、ペットボトル、発泡スチロール)
・家電リサイクル法対象品目(エアコン、テレビ、冷蔵(凍)庫、洗濯機・衣類乾燥機)
・パソコン
・産業廃棄物
・ガスボンベ
・消火器
・自動車用タイヤ、ホイールなど
・自動車用バッテリーなど
・市の処理施設を損なう恐れのあるもの(爆発物、劇薬等)

環境事業所の申し込み

各区の環境事業所
環境事業所 電話 ファックス
千種環境事業所 052-771-0424  052-771-5113
東環境事業所 052-723-5311  052-723-5320
北環境事業所 052-981-0421  052-981-5399
西環境事業所 052-522-4126  052-522-8376
中村環境事業所 052-481-5391  052-471-5043
中環境事業所 052-251-1735  052-251-1736
昭和環境事業所 052-871-0504  052-871-0505
瑞穂環境事業所 052-882-5300  052-882-5305
熱田環境事業所 052-671-2200  052-671-2290
中川環境事業所 052-361-7638  052-354-4389
港環境事業所 052-382-3575  052-384-0562
南環境事業所 052-614-6220  052-614-6223
守山環境事業所 052-798-3771  052-798-3772
緑環境事業所 052-891-0976  052-891-0276
名東環境事業所 052-773-3214  052-773-3215
天白環境事業所 052-833-4031  052-833-6823
ページトップへ

ゴミの種類と収集方法


ゴミの分別早見表

あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行/ ※2011/09/更新

家庭ごみ・資源の分け方・出し方に関する情報

ごみ・資源の排出が困難な方への市民サービス「なごやか収集
ご自分で直接処理施設に搬入する場合(自己搬入

ページトップへ
Copyright (C) 名古屋市のごみの種類と出し方マニュアル  2013/1 All Rights Reserved.